下等遊民の妄言

主語でかい

韓国語に対する誤解?

韓国語を表記する文字はハングルで、現在韓国では漢字をほとんど使っていない。そのため、一部の人は「韓国人は漢字を捨てた」と言ったりする。

 

それについて、「だから良かった」とか「だから失敗した」という議論が続くのだけど、今回はそれには触れず、韓国語の表記において、「韓国人は漢字を本当に捨てたのか」、という問題について、思うところを書いてみたい。

 

日本語はひらがな、カタカナ、漢字を混ぜて文章を書き、ここにアルファベットなどが加わることがある。

 

それに比べて韓国語は基本的にハングルだけを使い、漢字はほとんど使用されず、ローマ字などもほとんどない。PCなんかも피시なんて書いたりするし。

 

だから韓国語はハングルで書く、ということを知っている人の中には、日本語をすべてひらがなで書いているようなもの、などと説明したりするが、これは多分間違っている。私は日本生まれの日本育ちで、韓国語はネイティブに準ずるレベルで身につけていると自分では思っているけど、生まれながらの韓国語ネイティブとは韓国語の捉え方が違うだろうから、正確なことはわからない。あくまでも、「こういうことだと思う」というレベル。

 

1)私は学校に行きます。

という文章を韓国語で書くと

1’)저는 학교에 갑니다.

となる。文法がとても似ているから、そのまま単語を置き換えて

저(わたし)는(は) 학교(学校)에(に) 갑니다(行きます)

と分解することができる。

 

1’)はすべてハングルで書かれているが、すべてひらがなで書くのとは異なり、韓国人の認識としては、

1’’)わたしは学校にいきます

程度なのではないかと思う。つまり、音読する部分だけが漢字で、訓読がひらがな、という形。

 

だから例えば法律のような音読みの多い文章だと、

2)日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 

2’)일본 국민은, 정의와 질서를 기조로 하는 국제평화를 성실하게 희구하고, 국권의 발동인 전쟁과, 무력에 의한 위협 또는 무력의 행사는, 국제분쟁을 해결하는 수단으로서는, 영원히 이것을 포기한다. 

 

となるのだけど、(※漢字をそのまま置き換えただけで私の全力の訳ではないので、この程度の能力かよ、とか思わないでね、念のため)

 

韓国人の頭の中を予想すると、

2’’)日本 国民은, 正義와 秩序를 基調로 하는 国際平和를 誠実하게 希求하고, 国権의 発動인 戦争과, 武力에 의한 威嚇 또는 武力의 行使는,国際紛争을 解決하는 手段으로서는, 永久히 이것을 放棄한다.

 

みたいになっている、と思います。というか、なっていたと思う。

 

だけど、だけどだけど・・・若い人たちが「韓国」という漢字を読めなくなるくらい漢字から離れてしまい、もしかしたらほんとうに、「にほんこくみんわせいぎとちつじょを」なんてなっているのかもしれない。やれやれ。

 

 だから大学院の授業などで韓国人がレジュメを読むスピードというのはおそろしく速く、それはほとんど頭に入ってこない。文章を読んでいても、漢字の単語はとても多く使われているのに、それが漢字で書いてないから、漢字の持つ表意性が失われ、理解力の向上に役に立っていない。だからやっぱり一度読んですぐに頭にはいってくるような理解力は望めないし、意味を把握するには日本語よりも時間がかかる。

 

だからだめな言語とか表記法とか言うつもりはなく、パソコンで簡単に出てくるのだから、書けなくても読める程度の漢字教育はしたほうがいいと思うのだけど、漢字を覚える時間があれば、英単語覚えた方がいいというのが貿易国としての韓国の結論なんでしょうねえ~。

 

日本は日本語で高等教育が受けられ、ほぼ最新の情報が日本語で得られるというのがメリットであり、それが最近ではデメリットにもなっているんだろうけど、韓国ってのは韓国語だけじゃあ生きていけない状況になってしまっているんだろうなあ、と。良い悪いではなく。