下等遊民の妄言

主語でかい

韓国の対北朝鮮政策が対話にシフト?

韓国の安全保障政策を決める国家安保室の人事が決まった。韓国の安全保障というのはほとんど対北朝鮮のことだから、これまで多くは軍関係の人が選ばれていたようだ。ところが今回は室長が元外交官、2人の次長は学者と元軍人らしい。元軍人もよく知らんけど、防衛とか軍備とかを専門にする人で防御タイプの人のようだ。

 

というわけで、対北朝鮮政策が軍事から外交にシフトというように報じられている。世界的に北朝鮮制裁を進めているのに、当事国の韓国がすぐに歩み寄ることはできないから、ちょっとずつ擦り寄ろうという方針みたいだ。

 

どうかしてる、大丈夫か? と思うけど、本当に頭のおかしやつならすぐにでも擦り寄って行くだろうから、それをしないだけまともなのかもしれない。対日政策でも今のところ、ジャブを繰り出す程度でいきなりキ印発言はしていないので。

 

だけど…ほんとうに頭のおかしいやつは自滅するけど、自分がどのように見えているのか把握している賢い狂人はもっと怖いね。